【函館】生きるチカラを引き出す筆文字講座

私が伝筆(つてふで)という筆文字の講師になって早10年。
当時は、起業しながらケマネジャーとしても仕事をしていました。

私は、20年前に鬱を発症してから、書く字がどんど小さく下手になっていました。
「心の状態が文字に現れるものなんだな・・・」
と感じていました。

父に
「なんでそんなちんちくりんの字を書くようになったんだ」
と言われていたほどです。

そんな私が、「字が下手でも、うまく見える魔法のような筆文字があるんだよ」
と伝筆の創始者、ゆうきあおば先生に言われ、半信半疑で、受講したのが伝筆(つてふで)を知ったきっかけです。

字が作品に見えるコツを研究し、それをメソッド化したのは、さすがだと感じました。

講師になるつもりなんて、なかったわたしですが、

「もしかして、これは病気やケガで片麻痺になってしまった方のリハビリに使えるのではないか?」
「昔は字を書くことが好きだったけど、昔のように納得のいく字が書けなくなってしまい、書くことを諦めてしまった方の
やる気を復活させられるかもしれない。」

と感じたので講師になる決意をいたしました。

ケアマネジャーをしていると、利用様が入院してしまうことは、ざらにあります。

そんな時に、
「大丈夫だよ!」
「待ってるよ」
という言葉をしたためて差し上げると笑顔になり
枕元に貼ってくださったり、
病棟の看護師さんに見せて
会話のきっかけになっているようでした。

一人暮らしの方にも、
「あなたの笑顔がいちばん」
とプレゼントしたりしておりました。

文字を書いて渡すことはお金がかかりません。

少しでも孤独を感じず、笑顔を引き出せるような
お互いが「出会って良かった」と思い合える関係性づくりや
生きるチカラを引き出すサポートが出来たらいいな
と思いながら、伝筆しておりました。

おかげさまで、心ある看護師さんや、ケアマネさん、介護士さん、民生員などの方も
私が開催する伝筆講座を受講してくださっております。

伝筆協会の理念でもある「ぼっち撲滅」
という理念に基づいた活動ができている自分に、
誇りをもって活動もできています。

7月に私が尊敬しているリハプライムの小池社長が函館で講演会を開催されます。

小池社長は親を大切にする独自の仕組みで「敬護」を全国に拡大する介護ビジネスを展開しており、
カンブリア宮殿に出演されております。(その模様はこちらから

 

質の高い介護施設を全国に展開している小池社長の講演会が無料で聴講できる機会が函館で得られる!
と知り、早速お申込みをさせていただきました。
(気になる方はこちらから

ということで、せっかく函館に足を運ぶのであれば、函館の心ある介護職や医療職の方とご縁を結びたい。
私が伝筆をとおして経験した、喜びと感動体験をシェアさせていただきたいと仲間にお伝えしたところ
函館で訪問看護師として活躍中の人生の魅力を引き出す愛のといかけ師 川畑結香ちゃん
下記のイベントの企画をしてくださいました!

【利用者様の心を癒し生きるチカラを引き出す筆文字講座】

~こんな効果が期待できます~
・利用者様の人生をサポートしたい!応援したい!という自分の源の欲求に触れることで自分自身の価値に気づく
・利用者様との信頼関係ができ、関わりの質が高くなる
・利用者様が元気になる
・クレームが起きにくくなる

他にもまだまだいろんな効果が♪

日 時:2024年7月27日(土)10時~11時半
会 場:サンリフレ函館 和室〒040-0034 北海道函館市大森町2番14号)
定 員:15名
参加費:4,000円(カラー筆ペン1本、ハガキ5枚、名刺サイズカード10枚付き)
お申し込み:こちらから

あなたとあなたと出逢う方が共に幸せな人生になりますように☆彡
心を込めておおくりさせていただきます♪

 

 

 

ページ最上部へ